人気のドッグフード

愛犬に与えてはいけない危険な食べ物

家族の一員として犬を飼っていると、ついつい、犬も人間と同じものを食べてもいいような錯覚を持ってしまいます。
しかし、私たちが普段食べているものの中には、犬が食べると危険な物も数多くあります。
そういう食材の中には、最悪の場合、死に至る可能性があるものもあります。
不幸な事故を引き起こさないためにも、犬が食べると危険な食べ物を知っておきましょう。

 

犬にとって危険な食べ物

<ユリ科の植物>

 〇該当する食材:玉ねぎ、ニラ、ニンニク、エシャロット、らっきょう
 →症状:嘔吐や下痢、血尿、その他貧血症状、突然死

これらの食材には、犬にとって猛毒となるアリルプロピルジスルファイドという成分が含まれていて、体内に入ると、赤血球を破壊し、溶血性貧血を引き起こします。
この成分は、加熱しても変化しないため、玉ねぎの入ったスープなどを飲んでも中毒になる場合があります。

 

<カカオ>

 〇該当する食材:チョコレート、ココア
 →症状:下痢や吐き気、痙攣、呼吸困難、不整脈、突然死

カカオに含まれるテオブロミンという成分は、犬にとって猛毒で、これが中枢神経を刺激することで中毒症状が起こります。
小型犬では小さな板チョコ1枚で致死量になるので、チョコレートなどの取り扱いには十分に注意しましょう。

 

<ぶどう>

 〇該当する食材:ぶどう、レーズン
 →症状:嘔吐や多飲多尿、急性腎不全

ぶどうと犬の中毒について詳しいことはまだ分かっていません。
ただ、生のぶどうより、乾燥させたレーズンの方が中毒を引き起こす確率は高いようです。
犬によって、少量でも症状が出る場合とまったく症状が出ない場合がありますが、注意するにこしたことはないでしょう。

 

<アルコール>

 〇該当する食材:チューハイ・ビール・ワイン・日本酒などアルコール全般
 →症状:嘔吐や下痢、ふるえ、意識障害、血圧低下、痙攣、呼吸障害

アルコールが体内に入ると、人間と同じように酔っぱらった状態になり、中枢神経に作用し、ケースによってはそのまま昏睡状態になり、死に至ることもあります。
人間と同じように、犬もアルコールの耐性は個体差が大きく、ほんの少しでも中毒になる場合があるので、絶対に与えないようにしましょう。

 

<カフェイン>

 〇該当する食材:コーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶、ほうじ茶、コーラなど
 →症状:興奮、頻脈、不安、嘔吐や下痢、痙攣、失神、呼吸困難

カフェインは、犬の神経を異常に興奮させたり、痙攣を引き起こす要因になります。
室内で犬を飼っている場合は、飲みかけを犬の届かない所に置くなど、注意しましょう。